すももちゃんねるトップページ当サイトについて
AV女優画像セックス画像
エロ画像すももちゃんねる

SM道具画像 卑猥な責めグッズたち

SM道具画像 03
SM道具画像 04
SM道具画像 05

SM道具画像。SMお道具グッズの画像。SMは、サドとマゾの立場で楽しむ性的な倒錯的プレイの一つです。加虐と被虐の立場に分かれ、責め責められの加虐被虐プレイを楽しみます。
そんなSMプレイに欠かせないのは、SMグッズ、お道具たち。勿論、道具のない精神のみ、肉体のみを酷使するプレイもありますが、SMグッズがあればよりスムースにより深くSMプレイを楽しむことが出来ます。
SMとしては一般的な道具、縄や鞭、ローソクなどから始まって、ボールギャグなど口枷や目隠し、首輪や手錠などの革や金属の拘束具。ゴムや金属やガラスなどのディルドやアナルプラグ。バイブやローター、電マなどの電動の玩具や電気責めの道具。女王様は、エナメル衣装やヒール、網タイツなどの衣装や、ペニバンなどの責めグッズ。
道具は多様で様々な種類があります。道具の画像だけでも想像力が膨らむ卑猥さです。どうやって使うのか、用途や実際に使われてるシーンを想像したり。見た目だけでも卑猥な責めグッズ、SM道具のエロ画像です。
web拍手 by FC2

バキュームプレイ画像 危険な圧迫プレイ

バキュームプレイ画像 02
バキュームプレイ画像 08
バキュームプレイ画像 11

バキュームプレイ画像。バキュームプレイを楽しむ変態たちのSMエロ画像です。バキュームプレイ(vacuum play)とは、SMの圧迫系プレイの一つ。体を拘束されたり、圧迫を加えられたり、呼吸管理までされるSMのプレイです。
ビニールシートで出来たバキュームベッドを用いて、マゾヒストをシートの中に入れ、ベッド内の空気を吸い出して、シートによって拘束と圧迫を行います。マゾの体はシートに強く挟まれて身動きも出来ず、真空状態となったシートが体に密着した状態はまるで等身大のオブジェのようです。
強力な圧迫のため体の自由はほぼありません。また、シートの中の空気を吸い出すために、呼吸用のパイプを用いますが、状況によっては呼吸も制御されます。そのため、窒息などしないために、サディストの注意が必要な非常に危険なプレイでもあります。
そんなバキュームプレイの画像をまとめました。バキュームベッドで潰されたマゾヒストたちは、呼吸まで制御されるその支配の喜びや、不自由な呼吸に被虐の喜びを感じているようです。ラテックスやビニールのシートがテラテラと光り、彫刻の立体像のように人体が浮き出ています。拘束されたシートの上から、電マや器具などで性器を刺激されたりもしています。あやしい世界観が濃厚な、圧迫プレイを楽しんでいるバキュームプレイ画像です。
web拍手 by FC2

生け贄のエロ画像 供物の儀式

生け贄のエロ画像 04
生け贄のエロ画像 17
生け贄のエロ画像 10

生け贄のエロ画像。儀式で女性が生贄とされているエロ画像です。生け贄(いけにえ)とは、神への供物として捧げられる生きたままの生き物のこと、また捧げる行為のことです。馬や牛、羊や鳥などの動物。また、人を生贄にすることを”人身御供”とも言います。神に捧げる儀式の生贄もあれば、悪魔に捧げるサバトの儀式もあります。
今回は特にサタニストが行っている生贄の儀式の画像をまとめました。女性が裸となり、神の前に司祭や使徒に凌辱されたり、貢ぎ物として姦通されたり。暗がりの中、描いた円陣や祭壇の上に裸で横たわらせられて、骸骨やカップ、剣などの道具に囲まれ。
松明や蝋燭の火を焚いておどろおどろしい様子での儀式の様子です。女性が生まれたままの姿にされて、動物のように供物にされてる姿が生々しくて卑猥です。
web拍手 by FC2

ラテックス画像 肌に密着した

ラテックス画像 09
ラテックス画像 10
ラテックス画像 16

ラテックス画像。ラテックスフェチ画像。ラテックスに身を包んだ女性のフェチ画像をまとめました。ラテックス(latex)とは、天然ゴムラテックスや合成ゴムラテックスの総称です。このラテックスで出来た衣装で肌を覆ったり、性的趣向を持つことをラテックスフェティッシュ、ゴムフェティッシュ、ラバーフェチなどと呼びます。
肌に密着した感触や、体を締め付ける拘束感を楽しむ趣向。ラテックスの香りや体臭と混じり合った香りを楽しむフェチ。テラテラの光沢のある質感や、体の線が浮き出たボディラインを楽しむことなどの趣向。体の皮膚を覆うことによる「第二の皮膚」とも呼ばれることがあります。特にSMやボンデージでラテックス衣装を楽しむ人たちが多いようです。
皆、体に密着したラテックス衣装を素肌に身につけて楽しんでいます。体に密着して体の線がクッキリ見えてる様がセクシー。締め付ける体の皮膚感覚や匂いや形を楽しんだり、身体感覚の鋭い人たちのフェチズムかもしれません。不思議で退廃的な世界観がまた素敵。肌に密着したラテックスのエロ画像です。
web拍手 by FC2

男の貞操帯の鍵画像 女キーフォルダーたち

貞操帯の鍵画像 10
貞操帯の鍵画像 12
貞操帯の鍵画像 09

貞操帯の鍵画像。貞操帯の鍵と貞操帯の鍵を身につけたS女の画像。貞操帯(ていそうたい)とは、装着した者のセックスや自慰を抑制・禁止するための拘束具です。股間や性器に装着し、南京錠や鍵で外せないようにロックされます。
貞操帯は男女共にそれぞれ専用のものがありますが、男性の貞操帯は”射精管理”の意味合いが強い拘束具となっています。女王様や主、S女の許可がなければ、セックスは勿論、オナニーでの射精も禁じられます。貞操帯を身につけさせられ、射精管理されることによって、M男性はマゾとしての満足感や被虐性を満足させられ、より従順になるように調教されます。
M男は貞操帯を付けられ、それをロックした鍵はS女が管理します。わざと見せつけるように体に身につけたり。ネックレスチェーンに付けて首から吊したり、ネックレスやアンクレットにしたり。特にアンクレットの付けて見せつけることが多いようです。

そんな貞操帯の鍵の画像をまとめました。まさに見せつけるように鍵をちらつかせるS女さんの様子が卑猥。意地悪そうな笑顔を浮かべながら鍵を直接見せつけたり、女性の魅力の代名詞である胸の谷間に挟み込むように見せつけたり、アンクレットのように足に巻き付けて美脚や足と一緒に見せつけたり。また鍵のかかった貞操帯の横でちらつかせられたり。
お預けされた女体と鍵のセットで見せられると、女性の性的な意地悪さが伝わってきてジワジワと被虐性が刺激されそうです。S女キーフォルダーの魅惑が香る貞操帯の鍵の画像です。
web拍手 by FC2

猿ぐつわ画像 定番SMプレイ

猿ぐつわ画像 02
猿ぐつわ画像 06
猿ぐつわ画像 11

猿ぐつわ画像。猿ぐつわを嵌められた女性の画像です。猿轡(猿ぐつわ)とは、口の中に詰め物をしたり、口を覆うもののこと。ガムテープ、タオルや手拭いなどの布、縄や紐などのものから、玉状の轡のボールギャグや、棒状の轡のポールギャグ、革や金属の轡などの本格的なものまで、素材や形状は様々です。口内や口を覆い、声を奪うなどの機能は共通です。声の自由を奪うことで人格を奪い、精神的にも服従させたりする効果もあります。
特に、BDSMのプレイではボールギャグやポールギャグ、緊縛プレイでは手拭いや麻縄・ロープなどでの猿ぐつわが目立つようです。”轡”(くつわ)は、馬の口に噛ませる馬具ですが、猿に噛ませたような形であることから、”猿ぐつわ”の名前がついたようです。
SMでは定番のグッズ、猿ぐつわのエロ画像をまとめました。口に詰め物をされたり、口を覆われているだけで女性の表情はとても妖艶です。声の代わりに苦しそうな息づかいが聞こえてきそう。また、緊縛やSMで責められている姿とさすがに非常にマッチングがいいようです。
web拍手 by FC2

SMグッズ画像 生々しい道具

SMグッズ画像 06
SMグッズ画像 07
SMグッズ画像 11

SMグッズ画像。SMにまつわる道具やグッズの画像です。SMとは、加虐と被虐の性行為。サディズムとマゾヒズムがベースとなった性的プレイのことです。そんな主人と奴隷、支配と服従の関係など、SMプレイの中で使われる道具、SMグッズ画像を集めてみました。
緊縛の縄や、革の拘束具、ボールギャグやニップルクリップ、アナルプラグやアナルフック、鞭や首輪に手錠、ペニバンや貞操帯、ローソクやシリンジなど、加虐の道具は多種多様です。革やスチール、縄やゴムなど、素材も形も多様で、見ているだけでも道具を愛でる楽しみがあります。
実際に道具を使われている女体の姿も卑猥ですが、プレイの道具を並べた道具一覧の画像も非常に生々しいです。一つ一つの道具を見て、どんなプレイを楽しんでいるのか想像するのも卑猥な楽しみ。
痛みや苦痛を味わい、それらを喜びや快楽にしていくSMという行為。道具も触覚や感性に訴えてくるようなギリギリと体を締め付けてくるような生々しい迫力。生々しい道具たち、SMグッズ画像です。
web拍手 by FC2

レズSM画像 女同士のSMプレイ

レズSM画像 08
レズSM画像 14
レズSM画像 17

レズSM画像。女同士のSMプレイ画像です。レズとは、レズビアン(lesbian)の略称。女性同士の同性愛のことです。女性同士が愛し合い、互いの体を確かめ合って快楽を味わいます。そんなレズビアンたちがSMプレイしているレズのSM画像を集めました。
責めの女性は女王様やサディスト。受ける女性は奴隷やマゾヒストとしてプレイしています。S女たちはボンデージ衣装やブーツファッションなどの攻撃的な格好。M女たちは拘束具を身につけたり、首輪や拘束具で拘束されたり、被虐の姿です。両者共に女同士のSMプレイを楽しんでいる雰囲気がよく伝わってきます。
女性同士が絡み合うレズビアン画像も濃厚ですが、さらにSMプレイを楽しんでいるビアンたちの姿は、また自分の欲望に正直な貪欲さも伝わってくるようです。アソコやペニバンを口で舐めさせてご奉仕させたり、拘束具や首輪を付けてから鞭打ちを楽しんだり、果てはペニバンで貫いたり。女同士のSMプレイが濃厚なレズSM画像です。

web拍手 by FC2

開口器画像 SM器具リトラクター

開口器画像 41
開口器画像 42
開口器画像 34

開口器画像。口を開口器で開かれた女性のSM画像です。開口器とは、口を開けたままにするための道具のこと。金属製の器具や、プラスティック製の器具で、歯科治療や口腔手術・口腔ケアなど、医療用として設計されています。段階的に動く機構で上顎と下顎の間を押し広げて口を広げます。口腔がよく見えるために、また安全のために使用されます。英語では、マウスオープナーやオーラルリトラクターと呼ばれています。
また、医療用用途以外にも、SMプレイの道具としてよく使われています。よくあるボールギャグや口枷は、開けた口の中に物を押し込むことで声を出せなくしたり、拘束感を与えたりしますが、この開口器は逆に、マゾの口を開けて、羞恥心を呼び起こすために使われます。だらしなく口を開けっぱなしにされて、口内を覗き込まれたり、イラマチオの補助道具として使われたり、どちらかといえば医療プレイ寄りのSMの道具です。
口を無防備に開かれた女性の表情や姿は被虐的卑猥さ。切なげな表情を見せたり、涎を垂らしたり。まるで人格を奪われたような、ちょっと残酷性も感じるSMプレイ。女性を覗かれてしまうような恥ずかしさもありそう。口を開いて粘膜を晒す女たちの開口器を付けたSM画像です。
web拍手 by FC2

口枷画像 口を覆われる被虐女たち

口枷画像 06
口枷画像 07
口枷画像 03

口枷画像。口に枷を掛けられている、枷を嵌められているSMの口枷画像です。口枷(くちかせ)とは、口を嵌めたり覆ったりして、口の自由を奪う道具のこと。日本では、猿轡(さるぐつわ)、西洋ではボールギャグなどと呼ばれます。
主にSMプレイの中で使われ、サディストがマゾヒストに施したり、マゾが楽しみのために口に嵌めたりします。マゾの口の自由を制御し、言葉を奪ったり、時に呼吸を制限したり、口からマゾを支配し、マゾは言葉を奪われて支配されることに陶酔したりします。
口を覆われたり、口の中にボールや布を押し込まれたり、口を縛り付けられるように布で枷を掛けられたり、口枷を付けられた女性の姿は非常に被虐的で不思議なエロスがあります。色々な口枷を付けられて支配される被虐女たちの口枷画像です。
web拍手 by FC2

ディルド画像 ペニスの張形のいろいろ

ディルド画像  29
ディルド画像  32
ディルド画像  33

ディルド画像。色々な種類のディルドの画像をまとめました。ディルドは、男性器ペニスの代わりに女性のアソコに挿入される性的玩具のこと。女性の自慰オナニーのためや、セックスの玩具のため、男性がアナルに使うこともあります。動く物をバイブレーター(バイブ)と言ったり、張形などと呼ぶこともあります。
主なディルドはペニスを模して作られていますが、大きさ、形や色、材質など多様です。シリコンやプラスティックから、ガラスディルドや金属ディルド、木製のディルドまであります。また最近は動物のペニスやモンスターのペニスなど異形のもののペニスをイメージして作られたものも増えています。その他、腕のような太さの極太ディルドなどもあり。
形も様々、色合いや質感も様々で、卑猥な形ですが、バリエーションも多くて見ても楽しい性具です。どこかフィギアのような造形の楽しみもあります。
数を持ってる人はコレクターのように何本ものディルドを所有しているようです。それぞれ形や色が違って、責め側の欲や、責められる側の強欲ぶりも感じられたりします。棚に何本もディルドが立っている姿はある意味壮観でもあります。エロ度は低いですが、ディルドの画像です。
web拍手 by FC2

金玉潰し画像 睾丸責め

金玉潰し画像 02
金玉潰し画像 09
金玉潰し画像 11

金玉潰し画像。S女がM男の金玉を潰して責めているSM画像です。金玉潰し(きんたまつぶし)とは、男性の睾丸を強い力で潰すこと。玉潰しとも言う、痛みや苦痛を与えることで性的快感を得るSMプレイです。
睾丸を引っ張ったり握りつぶしたり、睾丸を蹴り上げる、睾丸を踏みつけるなどの直接的な金玉潰しから、SMショップで市販されている睾丸を挟み込む板などの睾丸責めの道具を使った金玉潰しなどがあります。
特に足を使って睾丸を踏みつける”金玉踏みプレイ”や、脚で睾丸を蹴り上げる”金蹴りプレイ”は打撃も強く、睾丸責めの定番プレイでもあります。
睾丸はまさに男性の弱点であり、軽い殴打などだけでも強い痛みを感じる場所。しかしだからこそ、M男はS女にそこを強く責められるほど、被虐の興奮を感じてしまいます。
金玉潰しも、度が過ぎると睾丸の表面を守る白膜が破け、睾丸の中身が陰嚢に飛び出してしまうこともある。また、睾丸を切除してしまうような激しいSMプレイや自虐行為もあるようです。これは去勢と同じで一度摘出すると子孫を残すことが出来なくなります。
S女に金玉を弄ばれて、M男には至極の責めプレイとも言える、金玉潰しの画像です。
web拍手 by FC2

ペニスリード画像 ペニス調教のSMプレイ

ペニスリード画像 11
ペニスリード画像 16
ペニスリード画像 17

ペニスリード画像。男性器ペニスをリード引き綱で引っ張っているSMエロ画像です。M男たちがペニスにリードを付けられて引っ張られています。引っ張っているのは女王様。ペニスに縄を巻き付けたり、貞操帯にフックを付けて引っ張ったり、リードも犬の飼育に使われたり、犬を躾けたり教育したりする道具となっています。飼い主の方が偉いと教えたり、綱を使って躾を教え込んだり。
M男の教育用の道具としても最適そうです。ペニスの根元に首輪ならぬチン輪を付け、女王様の好きなように引っ張って連れ回します。ペニスコックや睾丸ボールを痛めつけるCBTにも通じるペニス責め、睾丸責めのプレイでもあります。
S女はM男を引きずり回し、隷属する姿を楽しんだり、責め立て教育して楽しみます。M男は男性のシンボルでもあるペニスを縛られて締め付けられる刺激を味わい、犬のように躾けられる情けない自分の姿を楽しみます。
大事な部分に縄を掛けられて引っ張られている姿がSM的な卑猥さ。男のペニスを手玉に取るS女様たちの姿も魅惑的なペニスリードのSM画像です。
web拍手 by FC2

金玉蹴り画像 金蹴りプレイ

金玉蹴り画像 05
金玉蹴り画像 06
金玉蹴り画像 18

金玉蹴り画像。男性の急所、金玉を女性が蹴っている画像です。金玉蹴りは、男性の急所である金玉を蹴る行為。別名、金的蹴りや金蹴り、玉蹴り、急所蹴りなどと呼ばれます。SMプレイの”金蹴りプレイ”も同様の行為となります。男性だけが持つ股間の急所、睾丸を狙った蹴り。
M男性は蹴られる行為やその痛みを味わい性的興奮を覚え、S女性は男性の苦悶の表情や悶える姿を楽しむSMプレイです。足の甲を使った正面からの蹴りや、後ろからの蹴り上げなどのスタイル、横になった男性の急所を踏みつける睾丸踏みプレイ、男性の両足を開いて持って、足の裏で睾丸を踏みつける電気あんまプレイ、などがあります。
また、素足で蹴ったり、ヒールやブーツを履いて蹴るなどのバリエーションもあり、格闘技スタイルでの金蹴りもよくあるプレイです。
股間を蹴られて苦しむ受け身の男性の姿と、対照的に攻撃的で嬉々としているS女性の姿が印象的。
web拍手 by FC2

ペニス責め画像 苦痛と快楽

ペニス責め画像 16
ペニス責め画像 17
ペニス責め画像 19

ペニス責め画像。ペニス責めとは、ペニスを女性が責めるSMプレイの一種です。英語では”CBT”(Cock and Ball Torture)と呼ばれたり、陰茎責め・睾丸責めなどとも呼ばれます。男性が受け身となり、女性がペニスを責め立てます。亀頭をこすったりペニスをこすったりする快楽責めから、陰茎や睾丸を潰したり引っ張ったり、金玉蹴りなどの苦痛責めまで多様。ペニスをヒールや足裏で踏みつけて潰したり、睾丸に重りを付けて引っ張ったり、蹴り上げたり、ピンを刺したりの苦痛系。尿道にブジーなどを差し込むブジープレー、電流を流す低周波プレイ。激しい手コキやローションでの責めや、電マなどを使った寸止め快楽責めなど。また、男性用の貞操帯などを装着させて、女性が男性の射精管理を行うのもまたペニス責めの一つと言えそうです。

そんなペニス責めの画像を集めました。M男たちはペニスを責められて苦悶の表情を浮かべながら、その実は責められるマゾの満足感を感じていそうです。一方で、ペニス責めを行うS女たちも嬉々として男たちのペニスを虐めています。M男が苦悶の表情を浮かべながらも泣いて喜ぶ、苦痛と快楽が混じったペニス責めエロ画像です。
web拍手 by FC2

猿轡画像 被虐美を感じる

猿轡画像 01
猿轡画像 02
猿轡画像 06

猿轡画像。猿轡(猿ぐつわ)とは、声を出さないようにするために、口に布を押し込んだり、咬ませたりするもの。口の中に布を詰め込み、その上からさらに布で覆うものや、手ぬぐいやタオルを結んで瘤を作り、それを口に押し込んで縛る方法、口をガムテープなどで覆うものなどがあります。ボールギャグやポールギャグも猿轡の一種。別名、口枷とも言う。
猿轡の語源は、その様子が猿に轡を噛ませたような状態となることから付いたと言われている。用法は、「猿轡を噛ませる」が正しい使い方。口に入れて動かぬよう嵌めるという意味です。
猿轡の用途は、特にBDSMプレイ時に用いられることが多く、口を覆い声を奪うことで、人格を奪い拘束感や屈辱感を演出し、服従性を高める。それらのロールプレイを楽しむためによく使われる道具でもあります。

そんな猿轡を噛んだ女性の”猿轡画像”を集めました。やはり殆どがSM色の強い雰囲気の画像で、女性が拘束された姿が独特の雰囲気です。全身拘束された上で猿轡を噛まされた姿は強い被虐感を感じます。豆絞り模様の手ぬぐいなどの猿轡は和風SMの形式的な美を。ダクトテープを使った猿轡は妙なリアリティを感じさせますし、革で作られた猿轡の拘束具は女性を妖しく飾り立てます。
被虐美を感じる猿轡のエロ画像です。
web拍手 by FC2

▲ Page Top